借り入れの事故を起こした人はブラックリストに入っている?

お金を借りるのであれば、金融機関で審査を受けることになりますが、どのように審査をするのでしょうか。

 

もちろん、申し込みした人の話を間に受けて審査したりはしません。きちんと証明できる書類の提出を求めますし、過去の借入についても調べます。金融機関というのはたくさんあり、複数の会社から同時に借入をすることができます。

 

そのため自分の会社だけの情報しか持っていないというのはとても危険ですね。別の会社で問題を起こした人が、自分の会社に来るかもしれません。

 

そこで「信用情報機関」というところですべての情報を共有していて、審査のときにはそこで過去の借り入れ情報を参照にします。

 

仮に虚偽の申告をしたとしても、信用情報機関に記録されているためすぐにバレてしまいます。

 

もし返済が滞ったり、返済に失敗してしまったなどの問題を抱えていれば、信用がない人物だとされ審査に通らなくなります。

 

これがいわゆる、「ブラックリストに載る」という状態で、こうなってしまってはどこの金融機関も相手にはしません。

 

本人の意志では信用情報機関のデータは消すことができず、最低でも5年は経過しないと記録は消えません。

 

最終的に完済できたとしても、たった一度の遅延すら5年間は記録されてしまいますので、返済には常に注意しなければなりません。もしブラックリストに載ってしまったけど、借入をしたいのであれば5年間待つ以外には選択肢はなくなってしまいます。

返済のトラブルだけではなく、金融機関などにクレーマーなどと思われてしまっては審査はしてもらえませんので、どんなに面倒でも紳士的に接しなければいけません。

 

審査ではあらゆる信用がチェックされますので、ちょっとした隙ですら相手に見せては審査に通らない可能性が出てきてしまいます。