自分自身の情報を偽装して申込むのは絶対に止めたほうがいい

・してはいけない虚偽申告
大人になるにつれて嘘のつき方も上手になり、社会には悪意に満ちた嘘が溢れていることも認識できるようになります。とはいっても、その現実に絶望するのではなく、本音と建前を使い分けることも時と場合によっては必要です。

 

ところで、嘘をついても許される状況はどんな時かと訪ねられると身も蓋もないのですが、ついてもいい嘘と絶対にいけない嘘をきちんと切り分けられないと、重大な問題を引き起こすケースがあります。

 

時に、会社の面接や審査という重要な局面において、その場凌ぎの嘘をついたことで、自らを窮地に陥れてしまうことがあるのです。カードローンとは、あなたの信用と引き換えに融資枠を与えるという契約です。この契約において嘘は厳禁であり、もし嘘が明るみに出たら、あなたの信用は地に落ち、重大な規約違反となってしまうのです。

 

審査時の嘘は必ずばれる

よりよい条件でカードローンを作りたい一心で、審査時に提出する書類などで「これくらいならばれないだろう」と年収や勤務経歴などを多めに申告しようという思いが頭をよぎるかもしれません。

 

しかし、その軽率な考えで虚偽申告をすれば、嘘がばれて後々までリスクを背負わなければなりません。まずカードローンの審査時には、身分を証明する書類(控え)の提出が義務付けられています。提出書類とあなたの申告に違いがあれば、当然嘘はばれます。また、多額の融資を希望している場合は、さらに収入証明書の提出を求める会社も多いので、年収についての嘘も簡単にばれてしまうのです。

 

つまり、あなたの信用度を審査する重要な項目こそ、申告と書類などを突き合わせて厳密に調査するのです。さらに虚偽申告をしてしまった場合のデメリットとして、「嘘をついている」という疑惑をローン会社に持たれてしまうことです。嘘をついてまでカードローンを作りたいのだから、何かしらの事情があるのだろうと推測をしてくれるかもしれませんが、いざ融資枠を与えようという段階になって虚偽申告疑惑を持たれたら、その審査に落ちてしまう可能性もあるのです。嘘がカードローン審査に与える影響力はとても大きいため、誠実に申告することがいかに重要かよく分かると思います。

 

誠実な気持ちで審査を受ける

現在の自分の状況を鑑みて「どのくらいの融資枠なら取れそうか」というように、自分の状況をしっかりと見極めて、条件があうローン会社を見つけることが一番の近道であり、嘘をついて融資枠を広くしようという考えはもっての外です。申込む前に条件を絞るなら、カードローンの一括審査ができるサイトを利用してみるのも良いでしょう。

 

どのローン会社でも、虚偽申告されるくらいなら、審査において不利な情報でも正直に申告してくれる人の審査に力を入れるでしょう。何事においても同じですが、誠実な気持ちでローン審査と向かい合い、後々不利な影響を残さないようにしたいものです。