60歳になってとうとう定年!これからまた人生満喫するぞ〜!

「仕事も無くなったから、妻と二人で旅行にでも行くか!」

 

と、定年後の楽しみは人によってさまざま。今まで仕事に追われていた分、これから人生をエンジョイしたい!という方も多いかもしれません。そんな第二の人生の支えの一つともなる年金。今まで頑張ってきた分の貯金はもちろん、第二の人生をスタートさせるのには大事な資金源!

 

払った分が返ってくる

そんな当然のシステムなのですが、なんだか嬉しいですよね。
手続きなどは忘れないように注意しましょう!

 

ですがそんな中、不況の煽りを受けて減額が決まった年金
いくらちゃんとした手続きをしても、払った分が戻ってこないといったこともザラにあります。

 

「これさえ払っていれば老後は安心!」
とまで言われていた年金がまさか減ってしまうことになる日が来るとは第二の人生を楽しむどころか、日々の生活ですら暗雲が立ち込めます。

 

若いころの貯金だけで生活していくことが出来るのだろうか?
不況不況と騒がれる世の中だからこそ、定年を迎えた多くの方に不安が募っています。

 

そんな何が起こるかわからない世の中だからこそ!「カードローン」の機能をオススメします!

 

カードローンさえあれば、いざというときも安心ですよ♪

使わなければ使わないでそれに越したことはないお守りのような存在になってくれること間違いありません!

 

「でも、若い人しか作ることができないんじゃないの?」
と思われる方も多いですがカードローンはそんなことはありません!

 

年金暮らしの人もOK!

審査があるから、今現在どこにも努めていない自分には作ることが出来ない…そう思われているあなた!
それは大きな間違いです。

 

最近では、収入が年金だけという定年を迎えた方でも、カードローンを作ることが出来るんです♪
>主婦の方でも、特別な審査を行うことでカードローンを作れちゃうんですよ☆

 

もちろん、借りることの出来る金額は少な目。また、70歳を超えている方も、審査が少し厳しいかもしれません
年金を受給し始めてから5年の間でカードローンを申し込むのがベストです。(例:定年65歳の場合は70歳くらいまでが目安)

 

ですがあくまで厳しいというだけであって、必ずダメというわけではありません!たとえば、審査が行われる機関と以前に大きなやり取りがあった場合や個人の資産によっても結果は変わることでしょう。カードローンを作る前に一度、確認をして置くのも大切です。

 

*死ぬまで使えるカードローン*

カードローンは、出来れば20〜30代の時に作っておきたい所ですが大事なのは今現在持っているかどうか。備えあれば憂いなしともいうように、万が一何かあった時にはカードローンが必ず味方になってくれることでしょう。

 

若い時はもちろん、老後も使えるカードローン。作ることが出来るうちに作って置くことをオススメします♪