審査に落ちたらチェックすべきこと

カードローンの審査では、過去のローンの際の行動までもが影響します。ローンに関わる情報を忘れるわけがないと思うかも知れませんが、時間が経過したあとでは「あのローンに申し込んだのはいつだったか」などの記憶は、「借入金の総額」などの記憶と違って掘り起こしづらくなることでしょう。

 

自分がより重要だと思っていることについては、多少時間が経過しても即座に思い出せるものですが、それ以外については時間の経過とともに思い出せなくなっていくものです。カードローンの審査に落とされてしまった場合、特に一度ではなく連続して落とされたような場合には、把握しきれなかった情報が原因になっていると考えられます。

 

信用機関の情報は個人で確認出来る

カードローンで重要な審査基準となる、信用機関に保管された情報の内容は多岐に渡ります。現在の借り入れ状況はもちろんのこと、過去の延滞やローン会社に申し込みをした記録などがリアルタイムで保管されていきます。

 

ローン会社は申し込みを受けて審査をする時に、この情報で申込内容に間違いがないかを確認し、過去のローンの状況から信用出来る相手であるかどうかを判断します。実は信用機関に保管されているこの情報は、個人でも確認することが出来るのです。信用機関という名前から、ローン会社しか閲覧出来ない極秘情報のように思えるかも知れませんが、自分自身の情報であれば、本人であることを証明することで、個人でも情報を開示してもらうことが出来ます。

 

使わないまま持ち続けているローン会社のカードがあったり、過去の審査落ちや、現在組んでいる他のローンの合計金額が今回の申し込みで申請した額と違っていたりすると、それが審査に落ちた原因と予想出来ます。このような情報は、自分で記録しておくのが良いのですが、例えば借入金総額などは返済によって月々減少していきますし、全てを確実に記録するのは、思うよりも簡単なことではありません。

 

思い立った当初はきちんと記録していても、数年もすればだんだんずさんになっていってしまうことが多いと思われます。だからこそ、カードローンを申し込む時は、事前に信用機関に情報開示を求めて確認をしてから申し込むようにすると、無駄に審査落ちの記録を増やしまうことを避けることもできて、後々有利に働くのです。

 

カードローンの審査には、思いのほか多様な事項が影響してきます。使わないまま所有し続けている、キャッシング枠のあるカードなどは見落としやすい代表でしょう。信用機関には審査に影響のある様々な情報が保管されていますから、特に入り組んだ借り入れがあるような場合は、一度情報整理のためにも、問い合わせておくと良いでしょう。

 

自分に関する情報をしっかり把握することで、申し込みから借り入れまでをスムーズに進めることが出来るのです。